読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

象牙色の立体

映画などについて書きます。

シング・ストリート 未来へのうた

「シングストリート 未来へのうた」を観た。

まずこの映画、予告編がとにかく素晴らしいので最初に貼る。

 



 あらすじ

1985年、ダブリン。折しもの大不況により父親が失業し、14歳のコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は荒れた公立校に転校させられる。家では両親のけんかが絶えず、音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけが幸せだった。ある日、街でラフィナ(ルーシー・ボイントン)を見かけたコナーはその大人びた美しさに一目で心を打ちぬかれ、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走ってしまう。コナーは慌ててバンドを組み、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを製作すると決意する。

 

 

物語序盤。主人公のコナー君は一目ぼれした女の子を振り向かせるためにまずは音楽を作ろう、ということで音楽好きの友達に相談する。どんな感じの音楽がいい?という話に。

 

「どんな音楽ジャンルがいいの?」

ジョイ・ディヴィジョン?」

「うーん」

デュラン・デュラン?」

「あれはベースが輝いているね」

 

...ということで、彼らのバンド「シング・ストリート」は一曲目としてデュラン・デュランっぽい曲を作り始める。自分はジョイ・ディヴィジョンが好きなので、そっちが良かったが、さすがに暗すぎるのでデュラン・デュランで正解。楽曲が出来たら今度はMV(ミュージックビデオ)の作成を始めるのだが、このシーンも素晴らしい。実際に自主映像制作や音楽制作を行った人は確実に共感するものがあるはずだ。

 

初めて作ったMV。絶妙にダサいのも最高!

 

例えば、自主映像制作をすると、大抵勝手なことをするやつが出てくる。こっちの話を聞いていない、やりたいことを全くわかってくれない。「ここに立っておいてくれるだけでいい」といっても「何で?」と言って全然立ってくれない。言い争っているうちに他の奴から「ここで月のマスクを付けた人間を出したい」みたいなぶっ飛んだ提案がきてしまって、議論した挙句に無理やり採用する。順調に撮影が進んでいると思ったら、母親がお菓子を持って部屋に入ってきて気まずい雰囲気になる、などなどかなり大変だった。

 

いま挙げた例は実話だし、思い出すと恥ずかしい話だけど、こういったはっきりいって人生でも最高の瞬間をこの映画は決定的に切り取っている。過去を思い出して恥ずかしくなる部分も多数あるけど、それを含めても愛おしくてたまらない。

 

映像制作だけではなく、楽曲作りのシーンもいい。音楽好きの友達宅で制作するのだが、友人が弾くギターのメロディから「ちょっと歌ってみてよ。」ということで、まず鼻歌を入れる(実際ギターリフに歌を入れる瞬間が結構恥ずかしい)。そしてその鼻歌からピアノ伴奏、そして一気にバンド内での演奏シーンにジャンプカットしてグルーヴのある演奏に。ここで、お母さんがお菓子持ってくるというシーンもちゃんと忘れない(!)。それにしても一体この瞬間の多幸感は何だ。マジで最高かよ。まさに奇跡的な瞬間を閉じ込める映画の醍醐味である。

 

この映画の一つのテーマとして、音楽によって過酷な現実を乗り越えるというのがある。貧困なアイルランドの中で、両親も離婚寸前。兄は音楽好きで自分の師匠だが、世間的にみればダメ人間である。そんな中だが、ギグを行うと、両親は仲良くそれに参加し、兄貴がカッコよく登場、観客は熱狂するという空想をみることができる。音楽を演奏することで過酷な現実から理想の世界に一瞬でも連れて行ってくれる。さらにその音楽が自分を変え、そして新たな行動に移す勇気をくれる。音楽が空想を生み出し、空想が自分を変え、それによる行為が現実を変える。

 

大切なのは「行動」である。過酷な現実であっても、彼らにはバンドを立ち上げたという行動があり、下手ながらもMVを撮ったという行動があり、楽曲を作ってギグを行ったという行動がある。結果がどうであれ、行動に移したその瞬間は確実に多幸感に溢れている。ラストシーンに賛否があるのはわかる。そもそも、最後の挑戦はあまりに無謀すぎる行動でおそらく失敗する可能性のほうが高い。しかし、それを行動に移したということ自体が感動的であり、希望になる。そして、この「行動」に移すこと自体が初期衝動、ロックそのものであり、映画の本質ではないか。

 

 

彼らが影響を受けた楽曲の中で一番好きな曲