読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

象牙色の立体

映画などについて書きます。

2015年に鑑賞した新作映画ランキング

2015年新作映画の個人的なランキングです。早速行ってみましょう。

 

 

 

10位. グリーン・インフェルノ

f:id:solidivory:20160107015819p:plain

映画秘宝の先行上映で観れたことが大きい。映画館に食人映画が大好きな人たちが集い、大笑いしながら食人映画を観る。こんな幸せなことが今後あるとは思えない。内容についてもただの食人映画に見せかけて、「異文化を許容する」という大きなテーマに挑んでいることが良い。

 

 


9位. キングスマン

f:id:solidivory:20160107022341p:plain

強烈なブラックジョークが最高。よく考えると前作のキックアスなどとストーリーがほとんど同じだが、それでも観ている間は異常なくらい面白いので構わない。

 

 


8位. スターウォーズ/フォースの覚醒

f:id:solidivory:20160107015945p:plain

ずっと不安だったが、安心した。これだけやってくれれば十分。

 

 


7位. ピッチ・パーフェクト

f:id:solidivory:20160107020058p:plain

ゼロ年代のコメディ演出によって、青春歌モノを革新させた。個人的にはプールで練習するブルーノ・マーズのJust the Way You areが聴きどころ。

 

 

 

6位. 薄氷の殺人

f:id:solidivory:20160107020142p:plain

演出に関しては今年最も独創的で、鮮烈。

 

 

 

5位. ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ

f:id:solidivory:20160107020232p:plain

これほど泣けるストリップダンスシーンがある映画は他にない。

 

 


4位. 海街diary

f:id:solidivory:20160107020308p:plain

超豪華な俳優陣を使いながら、古き良き日本映画の質感を残しているのが良い。最も注目すべきは、広瀬すずの圧倒的な女子中学生感。全国の女子中学生を背負って、一人で体現しているようだ。それにしても原作の雰囲気をここまで忠実に再現できるとは。

 

 


3位. 野火

f:id:solidivory:20160107020352p:plain

「戦争」というエクストリームな環境に観客を放り込むことによって、強烈な体験をさせる。人間の死体はどのような色になるのか、人間が本当に狂ったらどんなに顔が怖くなるのか、それを観るだけで戦争について少しは知ることができるのではないか。低予算にもかかわらず、いつまでも記憶に残る傑作。自主映画はかくあるべし。

 

 


2位. クリード チャンプを継ぐ男

f:id:solidivory:20160107020440p:plain

本年度、泣くという行為を後半40分間続けた映画はこれだけだった。

 

 


1位. マッドマックス 怒りのデス・ロード

f:id:solidivory:20160107020623p:plain

映画というのは色々な種類がある。だか、映画を作っている要素を削って内容を純化していくと、「運動を描写する」という行為のみに集約される。フィルムが常に回転運動することによって映画が生じるのならば、同じように「常に運動を続ける」という内容が、最も単純がゆえに強力なストーリーということである。

 

 

 


次点:バクマン、さらば愛の言葉よ、ジェームズ・ブラウン 最高の魂を持つ男

 

 

 

【おまけ】

2015年に鑑賞した旧作ベスト3

1位. スポンティニアス・コンバッション ー人体自然発火ー (1989)

2位. 赤線玉の井 抜けられます  (1974)

3位. 必殺4 恨み晴らします (1987)

 

 

...というわけで来年も鑑賞本数年間150本ぐらいという、ライトな映画ファンを目指します。