読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

象牙色の立体

映画などについて書きます。

英国人、ジェイソン・ステイサム

英国人、ジェイソン・ステイサムをご存知だろうか。

 

f:id:solidivory:20150507020100j:plain

 

彼は世界の中でも特別にかっこいいハゲであり、今や絶滅危惧となった中で現在でも生き残る"アクションスター"である。

 

かつての"アクションスター"は凄かった。シルベスタ・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガーチャック・ノリスジャッキー・チェン...しかし、彼らが既に年配になりつつある今、次世代はほとんどいない。新作が公開されると日本でも劇場公開が行われる若手アクションスターは、ジェイソン・ステイサムだけではないだろうか。ならば彼はそれに然るべき、魅力があるのである。

 

 

 

当然、ステイサムはかつてのアクションスターの伝統を守ることができる。

 

・アクションはなるべくスタントに頼らず行うことができる

・たった一人で敵地に乗り込み、組織ごと壊滅させることができる

・追い詰められても全く心配せずに対処できる

・殺害する相手に対して小洒落た「捨て台詞」を言うことができる

・煽られると我慢できない

 

これだけでアクションスターの条件はクリアしているが、それだけではアクションスターが衰退している現代でもなお生き続けている理由にはならない。他のアクションスターにはない、ステイサムの魅力がある。

 

それは、何よりも英国人としての品の良さである。 彼は紳士なので、スーツ姿でアクションをこなすことも多い。スーツを着ていない時でも、その身のこなしはスマートで、まさに英国人である。この英国人としてのスマートな佇まいが、アクションスターにも関わらず、彼に知性を与える。"バカ俳優"と揶揄されてきたアクションスターとしての立場に、知性という新たな要素を、彼は追加したのである。過去のアクションスターをバカだと思っている人間がいたとしても、ステイサムをバカだと思っている人間は実際少ないだろう。これが、ステイサムが現在でもアクションスターとして活躍できる所以なのではないだろうか。

 

 

そんなステイサムの映画のうち、私が観たものをザッとリストアップしてみよう。

 

◎ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
スナッチ
◯トランスポーター
ミニミニ大作戦
トランスポーター2
リボルバー
◎アドレナリン
ローグ アサシン
バンク・ジョブ
トランスポーター3 アンリミテッド
アドレナリン:ハイ・ボルテージ
◯エクスペンダブルズ
◎メカニック
◯ブリッツ
SAFE/セイフ
エクスペンダブルズ2
PARKER/パーカー
バトルフロン
エクスペンダブルズ3 ワールドミッション

◎:いいステイサムが観れる映画

◯:そこそこいいステイサムが観れる映画

 

すべての映画を観ていないのでなんとも言えないが、いいステイサムが観れる映画を◯で示した。面白い映画と、いいステイサムが観れる映画とは意味合いが違ってくるので注意してほしい。ミニミニ大作戦はこの中でも映画的には特に面白いが、チームものなのでいいステイサムが観れる機会が少ない。では、この中でも特にいいステイサムが観れるのはどんな映画か。

 

まず最初に観るなら、メカニックかバンクジョブがおすすめ。

 

バンク・ジョブ

f:id:solidivory:20150507015724j:plain

まずステイサムの知性を楽しむなら断然この映画。粗暴だがどこかスマートで憎めないステイサムを十分に楽しむことができる。封印された英国史上最大の銀行強盗事件を元に製作された本作。脚本もオフビートだがパンチが効いている内容で、映画全体としてもかなり面白い。これが楽しければミニミニ大作戦もおすすめ。

 


バンク・ジョブ 予告編 - YouTube

 

メカニック

f:id:solidivory:20150507015743j:plain

ステイサムのアクションを楽しむならまずはこの映画。いつも完璧な殺し屋ステイサムが弟子を育てる。ステイサムの知性溢れる仕事も観れるし、何より映画としてもかなり面白いので最初にステイサム・アクションを観るならこれ。ラストの監視カメラの映像はさすがに笑ってしまったが、それもご愛嬌でしょう。

 

 

 

 

これでステイサムを気に入ったら、次のステイサムはこれだ。

 

トランスポーター

f:id:solidivory:20150507015812j:plain

ステイサムのアクションがとにかく詰まっているのでこれもオススメ。ドアを蹴破って侵入するステイサム。重油まみれになった状態で戦うステイサム。Tシャツを駆使して戦うステイサムなどを観ることができる。脚本はあまり褒められるものではないが、この映画はTシャツひとつあれば武装集団とも戦うことができることを教えてくれる。Tシャツを”使って”戦うシーンが本当にすごいので、これはもう本当に良い映画である。どのように"使う"かは映画を観てください。

 

ブリッツ

f:id:solidivory:20150507015845j:plain

ブリッツというとんでもなくムカつく愉快犯を、刑事ステイサムがボッコボコにしてくれるのでとてもスッキリして楽しい。警官仲間がブリッツの能力に舌を巻き恐れる中、ステイサムは"ブリッツ?は?なんだそりゃ?"と鼻で笑う。まさにそのシーンから抱く期待を裏切らず、気分爽快にさせてくれるアクションスター映画らしい映画である。オープニングからめちゃめちゃかっこいいステイサムが観れるのでこれまたおすすめ。

 


映画『ブリッツ』予告編 - YouTube

 

 

アドレナリン

f:id:solidivory:20150507020213j:plain

知性溢れるステイサムが知性を失くした。常にアドレナリンを出し続けないと死ぬという毒物を打たれ、必死にアドレナリンを出しながら敵を追って暴走し続ける。アドレナリンを出すために目を瞑りながらバイクに乗ったり、そのままバイクの上に立ち上がったり、アドレナリンが含有しているからという理由で風邪用の鼻スプレーを100本ほど使用したり 、街中でセックスをして通りゆく人々から拍手を貰ったりする。文字通り、止まったら死ぬのでとにかく走り続けなければならず、それが直接映画の疾走感につながっている。考えた人間はバカだが、アイデアは最高。こんな内容にも関わらず、それでもステイサムがどこかスマートなのはすごい。そして、続編もそこそこ面白い。

 

 

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

f:id:solidivory:20150507015948j:plain

最近ではアイアンマン版シャーロックホームズなどを撮っているガイリッチーのデビュー作。このDVDの副音声でも監督が言っているが、なんと、ガイリッチーがステイサムを発掘したのである。そのため、まだまだ若い30前後のステイサムが観られる。この時から正しくハゲていることがわかるし、47歳の現在と比べてもほとんど容姿が変わっていないのもすごい。群像劇ものなのでアクションはまだ出していないが、英国労働者階級らしい粗暴だがどこかスマートな雰囲気は既に醸し出されている。映画自体もステイサム映画の中ではかなり面白いので観て損はない。ちなみに、アクションを行い出したのはザ・ワンという映画かららしいが、私は未見という恥ずかしい有様。必ず観ます。

 

 

 

 

以上、皆でこの粗暴な英国紳士を応援しましょう。

 

 

twitterではステイサムの悩み相談botもあるよ。

twitter.com