読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

象牙色の立体

映画などについて書きます。

エヴァンゲリオン:Qにストーリーはない。

エヴァンゲリオンQを観た。

 

 最高に面白く,見終わった後は「あー、これは凄い高評価だろうなー」と思っていたが,帰ってレビューを観てみると唖然。全く正反対の評価(ストーリーがクソ!,これだけ風呂敷を広げて伏線を回収が出来るか!これはエヴァンゲリオンではない...etc)が並んでいた。映画に関してはある程度人の意見を聞かないタイプであるが,こうも自分の感想とかけ離れていると,自分の感性を疑う。

 

確かに今回のエヴァンゲリオン:Qのストーリーは難解だった。



...でも楽しかったと思うんだけどなぁ。見ている間ずっと楽しかった僕としてはどうやってこの想いを発散すれば良いのだろう。そんな悩みを押井守監督が解決してくれたのはごく最近のことだ。このブログを読んで,「やはり僕の意見は間違ってなかった,らしく行こう!」と思った。




Qはストーリーについてボロカス言われているが,

そもそもエヴァにはストーリーがあるのだろうか。




端的に言うと,エヴァにストーリーはない。






 押井守監督のブログの「エヴァがそれ以前の様々な物語の良いところを繋ぎ合わせたものである」という書き込みを見てエヴァにストーリーがなかったことに気付くことができた。エヴァで庵野監督が目指していたのは一貫して視聴者を興奮させるカッコいい演出(自己表現)であり,斬新さであり,裏切り(どんでん返し)であったのだ。その目的に合わせてストーリーを後づけサクサクしているのであれば,今回のQ展開は無理もない。それに気付いたとき,

 

 

 

「あー、そっちかー。」と思った。

 



 もともと庵野監督は視聴者の期待が高まれば高まるほどそれを裏切りたくなる性癖がある。アニメ版で視聴者の期待がすごく高まった最終話付近で悪名高い精神世界突入したことからも明らかだ。

 

 

f:id:solidivory:20121208054711j:plain

悪名高い精神世界の図


 今回の「Q」で監督は「破」で興奮した視聴者を裏切りたかったのだろう。これは「Q」が「破」での予告とは全く異なる展開になっていたことからもわかる。「破」公開後,その評価の高さから監督は全く異なるどんでん返しのようなストーリー展開という演出によって視聴者を裏切ることを思いついたのだろう。

 

f:id:solidivory:20121208052146j:plain

アスカ推しの図

 


 しかも今回は新世紀エヴァンゲリオンという,物語の過去そのものをバラバラにして切り貼りするというトンデモ作戦に出た(面白い!)。そして完成したQのストーリーは,もはやストーリーといえるようなものではなく,今までエヴァを観てきたファンをどんでん返しによって興奮させることだけを目的とした映画へと変貌していた(実際僕自身はユージュアルサスペクツのラストシーンの衝撃を毎秒味わっている様な気分だった)


つまり,エヴァンゲリオン徹頭徹尾演出のことしか考えてられてないのだ!!




「じゃあ前回の「破」はなぜあんなにすっきりまとまったストーリーだったんだ?」




 それは「破」が最も面白くなる演出があのストーリーだったから、と考えるべきだろう。いままでのアニメ版のストーリーを知っているものはあの終盤のどんでん返しで衝撃を受ける(凄く興奮した!)でも良く考えてみると,シンジ君の急激な積極性など前後でつじつまが合わないところもあり,いろいろツッコミどころも多い(ちなみに「序」は「破」のラストのためだけの壮大な前フリだったのでよろしく)。それでもストーリーは偶然にも上手くまとまっており,一般的に観れば非常に完成度の高いものになっていた。



今回の「Q」も監督なりに考えた最も面白い演出であったのだが,もともとストーリーはどうなっても関係ない!って感じなのであんな展開になっていたのだろう。




もはやエヴァンゲリオンのストーリーは批判する意味がほとんどなくなってきた

ゴダールの映画のストーリーを批判する人がいるだろうか?




エヴァンゲリオン「演出」でしかない。

 


「演出」の塊。

 

 


 ストーリーや,予告なども含めて,使えるものをすべて利用しためちゃめちゃにカッコよくて斬新な「演出」が連続して現れ,興奮するのがエヴァンゲリオンなのだ。瞬間毎の「演出」の総和が物語を形成しているのだ。ただその演出にこだわりすぎると全体のストーリーが破綻してくる。これに気付いたときは,エヴァがこれほどまでに演出に特化したすこぶる「映画的」なアニメだったことにすごく驚いた。「演出」を楽しむためのアニメとはなんと芸術志向なアニメだろうか。よくこんなアニメがこれほど人気を博したものだ。

 

 

 そう考えてみると切り貼りされたステレオタイプのストーリーもまるで芸術の一つ,カット&コラージュのように思えてきた(こじつけだ!)。演出を楽しみ,それと完璧に混ざり合う物語のコラージュを楽しむ。結局これが庵野監督であり,エヴァンゲリオンだった。


 監督の性癖からみて,恐らくシンエヴァンゲリオン劇場版でも伏線はほとんど回収されず,ストーリーも意味不明だろうと思う。庵野監督はこの悪評をやり直すことはできない(できる)。監督は自分が一番面白いと思う演出でエヴァをやり直すだろうが、それは恐らく視聴者の意見と一致するストーリーになることはない。


 おそらく最終回にふさわしい最もカッコいい演出,そしてそれに付随した良く分からんストーリー、といった感じだろうか。ただ結果として素晴らしい映画になっているだろうことは間違いない。

 

 


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 劇場版予告